2008年08月14日

関口尚『君に舞い降りる白』集英社文庫

君に舞い降りる白 鉱石店を舞台にした小説。主人公の修二がアルバイトするその店に、雪衣という不思議な印象を受ける女性がやってくる。お互いに意識し合う二人だが、決定的なところで心を閉ざす雪衣。二人の周りを包む登場人物たちもそれぞれに背景があり個性的で、物語の深みを増している。あえて言うなら、その登場人物のあり方が村山由佳の「おいコー」シリーズのような印象を受けたが、それ自体が悪い作品ではないので、本作品もそれなりに楽しめるものになっている。 Amazon


posted by ryoukana at 01:10| Comment(2) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
Posted by 藍色 at 2010年08月23日 10:19
はい、また寄せていただきます。
Posted by 亮 at 2010年09月04日 22:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

君に舞い降りる白 関口尚
Excerpt: 君に舞い降りる白 (集英社文庫)(2007/09/20)関口 尚商品詳細を見る 君に舞い降りる白 関口尚 もう誰も、好きにならない。鉱石店でアルバイトをす
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2010-08-23 09:52
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。