2006年10月31日

恩田陸『夜のピクニック』新潮文庫

夜のピクニック 高校生活も終わりに近づくにつれて誰もが抱える「このまま卒業してしまっていいのか」というモヤモヤ。それを「歩行祭」というイベントの中でしっかりと描き出した良作。主人公の男女二人の関係が最後に昇華してゆく様が実に清々しい。こう書くと一見ただの青春小説のようだが、恩田陸ならではの味付けが絶妙。あたかもミステリーかのように、多くの謎をちりばめているのである。歩行祭の間に流れる数々の噂。その真相を探るため、いくつもの思いが交錯する。また、歩行祭には参加していない人間が意外な形で介入してくるのだが、その行動の意図もまた謎に包まれていて、読者は最後まで興味を惹かれ続けるのである。普遍的な心理を描き、なおかつ読ませるための工夫もある。本屋大賞受賞は伊達ではない。 楽天 Amazon
ReadMe! JAPAN


posted by ryoukana at 21:11| Comment(2) | TrackBack(4) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TBありがとうございました。
そうですね〜
≪読ませるための工夫≫が、いくつも仕込まれていたのですね。最後まで楽しめました♪
Posted by 神宮のり子 at 2006年10月31日 22:28
>神宮のり子さん
コメントありがとうございます。
返信遅れてすみません。

恩田陸は他の作品でも、「一体、誰が?」みたいな仕掛けを作ってますよね。
ちょっと不思議な空気を作り出す作家だと思います。
Posted by 亮 at 2006年11月13日 22:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

『夜のピクニック』恩田陸(新潮社)
Excerpt: 「みんなで、夜歩く。ただそれだけのことがどうしてこんなに特別なんだろう。」 僕が好きな作家の一人である恩田陸は、天才だと思う。その理由は、大人が忘れ...
Weblog: 本のある生活
Tracked: 2006-10-31 22:29

● 夜のピクニック 恩田陸
Excerpt: 夜のピクニック恩田 陸 新潮社 2004-07-31by G-Tools ★★★★☆ 私は恩田陸さんのファンですし、この作品は本屋さん大賞受賞作品でもありますし、恩田陸作品のあちこちのランキ..
Weblog: 本を読んだら・・・by ゆうき
Tracked: 2006-11-01 01:12

夜のピクニック(文庫版) [恩田陸]
Excerpt: 夜のピクニック恩田 陸 新潮社 2006-09 単行本持ってるのに…文庫が出たので買っちゃいました。そして再読。 何度読んでも、いいものはいいし、色あせないものは色あせません!じんわり。でも..
Weblog: + ChiekoaLibrary +
Tracked: 2006-11-01 17:36

恩田陸『夜のピクニック』
Excerpt: 本日の一冊は、恩田陸『夜のピクニック』。 高校生活最後を飾るイベント「歩行祭」。
Weblog: 坂本総合研究所
Tracked: 2006-11-23 14:43
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。