2006年11月13日

寺山修司『ぼくが狼だった頃』文春文庫

夜のピクニック 久々に自分に合う作家に出会ったかもしれない。私は自分のことをひねくれていると思っている。そこに毒のたっぷり効いた社会風刺がピッタリきた。本来、真面目であるはずの童話を思い切り茶化している。しかし、ただ荒唐無稽にしただけではなく、しっかりと人間を描き出しており、そこに以前も感じた太宰治や坂口安吾と通じるものがあると思う。ちなみに、寺山修司は本作中太宰のことをはっきり嫌いと言っている。似ていると感じるのは、私の読みが甘いのか、それとも寺山修司の同族嫌悪なのか。とにもかくにも併せて読むとなかなか面白い作家達である。楽天 Amazon
ReadMe! JAPAN


posted by ryoukana at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。