2008年03月13日

片川優子『佐藤さん』講談社文庫

佐藤さん こんな守護霊なら大歓迎。そう思わせるのが、ヒロインの「佐藤さん」に憑いている「安土さん」だ。彼は死んでるくせに、陽気だ。もうこの世の者ではないという悲壮感が全くない。それどころか、第二の人生を楽しんでいるようですらある。そんな安土さんだが、所詮は幽霊。成仏する瞬間が訪れる。そのときは、主人公の「僕」にとっても生まれ変わるような出来事の訪れでもあるのだが。この先は是非ご自分で読んで確かめてほしい。文章も平易で軽い気分で読めるわりに、内容がしっかりしてて、かなり満足度の高い作品だった。 楽天 Amazon


posted by ryoukana at 21:55| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

佐藤さん 片川優子
Excerpt: 現役高校生作家注目のデビュー作。青春時代のみずみずしさがあふれる 第44回講談社児童文学新人賞佳作受賞作。 ナイフを持っているわけではないし、不良でもない。 ごく普通のクラスメイトの女の子を僕が..
Weblog: 粋な提案
Tracked: 2010-12-11 02:02
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。