2011年09月24日

内田樹『街場のメディア論』光文社新書

街場のメディア論 「日本人の知性の不調とメディアの不調は同期している。」このお題目を掲げて、持論を展開する。興味深かったのは、クレーマーの増加とメディアの報道姿勢に因果関係があるとする点だ。クレーマーは、自分の能力の欠如や無能を棚に挙げて、最大限の受益をもくろむ。そのこと自体がそもそも人間の態度としては間違っているのだが、メディアはそれをさらに助長する。「弱者」や「被害者」の立場に立ち、権力のあるものを攻撃する側に回るのだ。しかし、メディアのメディアたる所以は、社会のありとあらゆる情報を収集、掌握し、適切に伝えることのはず。それなのに、「弱者」や「被害者」に選択的に有利な情報しか伝えないため、非があるのは一方的に権力を持つ側という構造を生み出している。そして、もう一つの問題は、メディアがそれをまた放置しているということだ。「弱者」や「被害者」の立場にとりあえず回ることは、社会的機能として間違ってはいない。そうでなければ、異議申し立てをする場が生まれないからだ。ただ、「とりあえず」を過ぎたあと、やはりどう考えても「弱者」や「被害者」に非があることが明らかになれば、メディアはそれを誠実に伝えなければならない。しかし、そういう動きは皆無だ。権力者に非があるということを垂れ流すばかりで再検討もなにもない。だから、「弱者」や「被害者」は悪くないという印象しか残らない。この風潮が蔓延することで、日本社会がよくなるということを本気で信じているのか。だとしたら、メディアの不調はもう取り返しがつかないところまできている。 Amazon


posted by ryoukana at 10:04| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

内田樹・甲野善紀『身体を通して時代を読む―武術的立場』文春文庫

身体を通して時代を読む―武術的立場 お次は武道家と対談。この人のすごいところは、どんな人と話しても、自分の引き出しの中にあるものと関連させて新たな知見を見いだせることだと思う(もちろん、対談する相手はそれなりに選ばれてはいるのだろうけれど)。話題は多岐にわたっているが、やはり、身体論が面白かった。「ハンカチ落とし」を例に引き、身体的な感受性の話。この遊びは、微妙な空気の揺れや、鬼の息づかい、筋肉の動きを感知しないといけないのだが、その能力が格段に落ちてきているのではないかという。確かにその通りで、人間は便利な生活を手に入れたことによって、身体の様々な能力を失ったとつくづく思う。天気予報の精度が上がれば、雲の形や動き、空気の湿り具合を見て天気を予想することもできなくなるだろうし、高度浄水機能ができれば、体内で不純物を浄化する機能も低下していくだろう。科学技術に支配されない生き方をしたいものである。 Amazon
posted by ryoukana at 09:21| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月30日

内田樹・三砂ちづる『身体知―カラダをちゃんと使うと幸せがやってくる』講談社+α文庫

身体知―カラダをちゃんと使うと幸せがやってくる 内田樹が、今度は疫学や母子保健を専門とする学者と対談。彼女は「いいから黙って結婚しなさい」と少し乱暴な(けれども真っ当な)論議を巻き起こした方である。人間も動物に属するのであり、「産み、育てる」という枠組みの中からは逃れられない。風潮に踊らされ、結婚しない、産まないというのは、年金の話だとか労働力の話だとか社会的な面だけではなく、自身の成長という面から言っても大きな損益であるというのが大ざっぱな論旨である。「子を持たない自分」と「子を持つ自分」にどれだけの違いがあるのか。これは「持たない自分」が論じていいものではないと思うが、このお二方の説得力のある対談を読んでいると、「産む性」が少し羨ましくなってくる。 Amazon
posted by ryoukana at 10:46| Comment(6) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東野圭吾『使命と魂のリミット』角川文庫

使命と魂のリミット 医師として、何をさしおいてもすべきことは何か。人それぞれに役割があり、その立場により範疇は異なるが、それは、人間としてすべきことに収斂する。それを妨げようとする悪意に対して、立ち向かうのもまた使命。ここで難しいのは、悪意を持った人間ですら使命感から動いているということだ。それは単なる個人的な恨みや憎しみかもしれない。しかし、ある側面に光を当てれば、間違っているといいきれない面もある。これを統御するのが社会なのだろう。一定の歯止めをかけ、ある程度の均一性を持たせる。国民総員の最低限の幸福を保障する仕組みだ。 Amazon
posted by ryoukana at 10:14| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月29日

伊坂幸太郎『グラスホッパー』角川文庫

グラスホッパー 作者お得意の、複数の視点を巧みに切り替えて、物語を積み上げていく手法。加えて、特殊能力を持つ人物が登場するのもお決まりのパターンだ。これは何もけなしているわけではない。読者の興をそそる手段を見事に確立しているなと驚嘆しているのだ。そしてまた、題名が秀逸。グラスホッパーとはバッタのことだが、その生態を人間の業とリンクさせ、物語の中で昇華させている。曰く、どんな動物でも集団の中で生きていれば生存競争に勝ち抜くために凶暴になる個体が現れるというのだ。この指摘、鋭すぎる。 Amazon
posted by ryoukana at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月29日

森見登美彦『有頂天家族』幻冬舎文庫

有頂天家族 京都に巣くう狸と人間と天狗。三者三様の意地とプライドがぶつかりあい、そこに権力闘争と色恋沙汰と家族愛が絡まり、複雑な味わいを醸し出すミステリアスなファンタジー。と書くと壮大な物語のように思えてしまうが、なんのことはない。いつも通りのモリミー節が満載で、どうしようもないキャラクターが暴れ回る、いい意味でくだらない小説だ。このあえてくだらないように見せかけているのが作者の力量なのだろう。「面白く生きるほかに、何もすべきことはない。」とは、ラストを飾る主人公の言葉だが、作者自身、それを信念として作品を紡ぎ続けている気がする。その姿勢、潔し。 Amazon
posted by ryoukana at 20:26| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

万城目学『ザ・万歩計』文春文庫

ザ・万歩計 『鴨川ホルモー』や『鹿男あをによし』など、ファンタジー要素を巧みに織り込んだ作品が人気の著者によるエッセイ集。飼い猫への思いを綴った『ねねの話』には、我が家でも猫を飼っていることもあり、じんわりとさせられた。思わず生徒に読ませたくなったほどだ。また、文筆業の原点とも言える体験を書いた「まえがき」からは、国語の授業に関するヒントをもらった。著者が高校生の時、現代文の授業で「発想飛び」を完成させよという課題が与えられた。そこで書いたものが担当教員に激賞されたのが今の仕事のスタンスに繋がっているというのだが、私はこんな授業もあるのかと深く感銘を受けた。このように思わぬ効用があるのだから、やはり読書はいい。 Amazon
posted by ryoukana at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

池谷裕二『単純な脳、複雑な「私」』朝日出版社

単純な脳、複雑な「私」 第一線の脳科学者が母校の後輩たちに向けた講義。その一部始終を余すところなく収録。内容は学術的に知的好奇心を刺激されるものばかりで、文系の私にも非常に興味深く読めた。というより、脳科学はもちろん心理学につながり、それは社会学や文学とつながってくるという意味では、もはや理系・文系に分類する時代ではなくなってきているのかもしれない。いみじくもそれは著者が文中で語っていることでもあるが、その点でも全ての人に読んでもらいたい本。驚きを持って読めたのは、「脳は単純なルールを与えているだけ。そのルールに従う人体は、その構造によって“意志”を持っているかのように振る舞う」というところ。本書で視覚的にわかりやすく実証してくれているので、読めばわかることだが、「すごい!」と声をあげずにはいられない。単純でありながら不思議な脳。興味は尽きない。 Amazon
posted by ryoukana at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月28日

中田永一『百瀬、こっちを向いて。』祥伝社文庫

百瀬、こっちを向いて。 珠玉の恋愛小説集。全四作からなるが、どれも正体や本性を意図的に隠したまま関係を続けるような設定になっていて、そこで生まれる感情に対する困惑や疑念をうまく描いている。「キャベツ畑に彼の声」では、覆面作家である国語教師と、彼の取材テープおこしをする教え子の女子高生が描かれている。彼女は作家の正体が彼であることに気づいていながら、密かな想いを募らせ、彼には彼で実はもっと大きな秘密がある。その事実に気づいたとき、彼女の心もまた大きく動き…。構成が巧みで、読ませる力がある。実はこの中田永一という作家自体が覆面作家という話があり、その事実もまた作品に味わいを加えている。 Amazon
posted by ryoukana at 13:21| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

片田珠美『一億総ガキ社会「成熟拒否」という病』光文社新書

一億総ガキ社会「成熟拒否」という病 「打たれ弱さ」「他責的傾向」「依存」を特徴とする「成熟拒否」を考察し、その原因と解決策として「対象喪失」を挙げて、どのように生きていくべきかを探る良書。「人間には無限の可能性がある」「頑張れば何でもできる」と盛んに喧伝される現在において、逆に「できないのは頑張っていない自分の責任」という当然の考えも隆盛してきている。そしてそれを背負いきれない人間が責任を他者に転嫁するという構造も強固なものとなってきている。何事においてもそうだが、極端すぎる考えは危険で、「無限の可能性がある」という前提も、努力を促す上ではもちろん一定の効果があるが、それ一辺倒になってしまうのはよくない。ときには「頑張ってもうまくいかないこともある」というように柔軟に考えを変える必要もあるのではないか。私の近年のモットーは「中庸」だ。バランスをとって生きていきたい。 Amazon
posted by ryoukana at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宮子あずさ『看護婦が見つめた人間が死ぬということ』講談社文庫

看護婦が見つめた人間が死ぬということ 現役の看護師が、その仕事の中で避けては通れない「死」についての考えをまとめたエッセイ集。曰く、「よく死ぬとはよく生きること」だという。人間として真摯に人生を歩み、誠実に人と関わってきた人が死ぬ間際というものは美しいが、そうでない人のものは見るに堪えないものがあるという。また、死を直前にして豹変する人や、家族の軋轢など様々なものが見えてくる。そこに仕事として看護師はどう関わっていくのか。私が進路指導する際にも心に留めておかなければならないことが多く得られた。是非、看護学校志望の生徒にも読んでほしい。 Amazon
posted by ryoukana at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

内田樹・名越康文『14歳の子を持つ親たちへ』新潮新書

14歳の子を持つ親たちへ このブログではおなじみ内田樹が、今度は精神科医と対談。高校受験を間近に控える14歳の子どもに焦点を当て、教育問題を探る一冊。メディアの垂れ流す無責任な論調の中では、「子どもが病んでいる」だと言われることが往々にしてあるが、二人は「それは間違いで、病んでいるのは親の方では?」と疑義を隠さない。公共の場での振る舞いなど、一番身近な大人である親を真似るのは当然で、親が未熟なままに子どもを持つから子どもが育たないのだ、と。親が子どもに過剰な期待をするから潰れてしまうのだ、と。子どもの発信しているシグナルを受信する感度が親にないから、子どもが病んでしまうのだ、と。至極真っ当な意見で、全面的に同意する。と同時に、自分も子どもを育てられる大人でいないといけないと固く心に誓う。 Amazon
posted by ryoukana at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月27日

小松秀樹『医療の限界』新潮新書

医療の限界 司法が、政策が、メディアが、そして国民が、医療をよってたかっていじめている。その行為が受益者にとって結果的には不利になるとは知らずに、だ。特に国民の場合は直接的に医療を受ける者として、無知と無理解は許されない。患者から医療従事者への暴力や、自分本位の要求を突きつけるといったことが年々増加している。そこにきて医療費抑制や医療事故(過失ではなく事故である)に対する過剰な報道と、医療の置かれている状況は尋常ではない。医療の限界は、従事者の資質や能力が低下したために起こるものではなく、確実に外部から狭めていっているのだ。これは医療に限ったことではなく、教育でも同じことが言える。士気を低下させる要因だらけの仲、責任感だけに支えられて日夜働き続ける教員のいかに多いことか。国民のほとんどが当たり前のように利益を享受してきたからこそ、見えない問題がそこにはある。 Amazon
posted by ryoukana at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月04日

弓削孟文『手術室の中へ』集英社新書

手術室の中へ ほとんどの手術には痛みが伴うため、麻酔はつきもの。しかし、麻酔も身体を傷つける「侵襲」行為だということには、あまり関心が払われていない。全身麻酔は痛みを感じさせなくすると言う利点を得られる代償に、呼吸をする、心臓を拍動させるといった生命維持に必要な活動を抑制させてしまうのだ。もちろん、人工呼吸器を着け、万全の態勢で手術に臨むのだが、絶対に何も起こらないとは言い切れない。そのことを理解していない患者は安易に全身麻酔を希望する。そこで麻酔科医が登場し、メリットとデメリットを説明し、また、局所麻酔や硬膜外麻酔といった様々な方法も紹介し、最善を探っていくということが行われる。さらに、麻酔科医は手術中も患者のそばにいて身体の状態の変化に目を光らせている。こういった陰の働きがあるからこそ安全が保証されるのだなと感じた。また、患者自信もある程度は知識を持ち、医師の説明を理解できる状態にいなければならない。 Amazon
posted by ryoukana at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上原善広『聖路加病院訪問看護科』新潮新書

聖路加病院訪問看護科 病院で入院患者の世話をするのではなく、患者宅を訪れてやや高度な医療行為までも行う訪問看護。その現場に密着したルポである。私は記憶にあるだけでも二回の入院経験があるが、手術後の衰弱した心身を支えてくれる看護師には感謝の気持ちとともに尊敬の念を抱いたのを覚えている。私の場合は外科的な手術であり、看護が終われば日常生活に復帰できるのはほぼ確定的だったが、訪問看護はそうはいかない。もともと重篤な状態で死を迎えるまでの間を家で過ごしたいであるとか、社会生活が不可能なので病院でも家でも変わりがないという患者がほとんどであるため、看護の終わりは死を意味しているのだ。こんなむなしい結末が見えている仕事のやりがいとは何なのだろうと考えさせられた。近年、QOL(クオリティオブライフ)ということが重視され、「よりよく生きる」という風に考えられがちだが、このような患者にとっては「よりよく死んでいく」こともまた重要なのだということが書かれていた。まさにその通りだと思うし、そのために、もっと訪問看護という取り組みが広がっていくべきだと思う。 Amazon
posted by ryoukana at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

星野一正『医療の倫理』岩波新書

医療の倫理 科学の進歩とともに、医療技術も発達し、従来では考えもつかなかったことが可能になった。しかし、その遂行にあたっての判断基準というものが確立されていないがゆえに悲しい結末を引き起こすということも同時に発生している。端的な例が臓器提供であり、人間がどういう状態になれば臓器を摘出していいのかという倫理がそれにあたる。また、多様な治療法がある場合、医師が独断で選択するのではなく、患者に提示と説明を充分に行い、理解し選択してもらう(いわゆるインフォームドコンセント)ことも主流となってきている。この本ではそういった医療の場における生命の扱い方や治療の進め方について詳しく解説してくれている。興味深かったのは献体の話で、これはもう死の判定は通り越した上でのことだが、日本人は献体の提供数が他の国に比べて非常に少ないのだという。その理由は、「死んだあとでも自分の身体を誰かに念入りに調べられるのは恥ずかしい」「目立つようなことはしたくない」といった羞恥心や、遺族の「死者を懇ろに弔わなければならない」という責任感によるものではないかという。私は死んだあとの「自分」など無いものだと思っているから好きにしてもらって構わないが、遺族の思いまでコントロールできないのもまた事実であり、悩ましい問題だと感じた。先の臓器提供の話にしろ、制度として社会的に確立されればよいのかもしれないが、国民の同意がとれるとも思わないし、壁は多そうである。 Amazon
posted by ryoukana at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

秋月高太郎『ありえない日本語』ちくま新書

ありえない日本語 ちょっとオタクの言語学者が執筆した本。題名でわかるように気がかりな日本語について論じるといったもの。特徴は、ただ文法上・意味上の誤りを正すことに終始せず、なぜ誤用が生まれるのか、広まるのかを、語の持つ特性や社会の状況と関連づけながら論じている点。少し飛躍した解釈もあるが、それも一つの意見として読めばいい。例えば、「よさげ」「面白げ」といった、接頭語「〜げ」を持つ言葉が生まれてくる背景として、「自分の心情や考えを相手に押しつけたくないという配慮に基づいている」とし、さらに「〜げ」が一語でそのようなニュアンスを加えることができるという点で便利だからだと言う。大筋においてその通りであろう。こうやって言葉の用法を考えるのは面白い。 Amazon
posted by ryoukana at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊坂幸太郎『チルドレン』講談社文庫

チルドレン 作者が「この五つの短編は、それぞれが単独で雑誌に掲載されたものですが、はじめから終わりまで、一つの長い物語として読んでいただければ幸いです。」と断りを入れる連作短編集。陣内という「絶対」の自信を持つ男を中心に話は展開していく。彼が家庭裁判所の調査官である時の話は、私も子どもと接する仕事にあるということもあって、なかなか考えさせられるところが多かった。不倫やその果てにある離婚という状況になったときの夫婦、その子どもの心情はいかなるものか。それはもちろん様々で、一括りにはできないものだが、作品の中で描かれる姿はなかなか真に迫っていて重い気分になる。しかし演出の工夫で爽快感をもたらす結末となっており、じんとくるものがあった。陣内が若い頃に銀行強盗の現場に居合わせたときの話も含め、全てが心地よい味わい深い作品。 Amazon
posted by ryoukana at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊坂幸太郎『アヒルと鴨のコインロッカー』創元推理文庫

アヒルと鴨のコインロッカー 現代と過去を行き戻りしつつ、ブータン人ドルジ、その恋人琴美、その元カレ河崎の「物語」を描いていく作品。その「物語」に途中参加した形の椎名が、過去からの因縁に振り回される。彼の困惑する様子がかわいそうで、それがまたおかしい。特に終盤になって明かされる真相が与える衝撃は彼にとっても読者にとっても大きい。これは巧みなやり方だなと思った。「日常のミステリー」とでも名付ければいいのか、伊坂幸太郎は特徴的な人物を登場させたり不思議な世界を描いたりして、謎を演出することが多い。その答えがパッと目の前に現れたときの爽快感は、事件を解決するミステリーとはまた違ったものがあり、心躍らされる。 Amazon
posted by ryoukana at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

伊坂幸太郎『重力ピエロ』新潮文庫

重力ピエロ 映画を先に観てからの読書となった作品。と言うより、伊坂幸太郎との出会いがこの作品の映画だった。その時に感じたことが、「洒落ているな」ということだった。連続放火の現場と、遺伝子を扱う会社に勤める主人公との関係。この部分にまず驚かされた。そして、妙に哲学的な台詞を放つ登場人物たち。これは他の作品にも共通するが、台詞の一つ一つが私の心にひっかかって、解放してくれない。魅力に取り憑かされてしまうのだ。特に主人公の父親が見せる、人生の苦しみを超越したかのような態度にはしびれる。映画の小日向文世の演技も良かった。あんな中年に憧れる。 Amazon
posted by ryoukana at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。